主応力の大きさと方向の求め方(ロゼット解析)

構造物などの応力測定において、主ひずみの方向が未知な場合には、通常、3軸のロゼットゲージを接着して測定したひずみ値を下記の計算式に入れて求めます。(下式は直角3軸型ロゼットゲージの場合)

  1. εa→εb→ε軸回りを正方向とする
  2. 角度θは
    • εacの場合はεa軸と最大主ひずみのなす角をあらわす
    • εacの場合はεa軸と最小主ひずみのなす角をあらわす
    • εaとεcの大きさの比較は+、-の符号を含める

最大主ひずみ

最小主ひずみ

主ひずみの方向(εa軸から)

最大せん断ひずみ

最大主応力

最小主応力

最大せん断応力

ν:ポアソン比
E:縦弾性係数

ひずみゲージ
センサ(変換器)

まずはお気軽にご相談ください

計測に関するお困りごとや製品に関するご質問などがございましたら、お気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム

製品情報

ひずみゲージやセンサ・測定器など計測のあらゆるシーンを支える共和電業の製品をご紹介します。

詳しく見る

計測に関するお困りごとや製品に関するご質問などがございましたら、お気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム

製品情報

ひずみゲージやセンサ・測定器など計測のあらゆるシーンを支える共和電業の製品をご紹介します。

詳しく見る

Copyright © Kyowa Electronic Instruments Co., Ltd. All rights reserved.